We have launched a new website and are reviewing this page. Find out more
Open daily 10.00 to 17.45 Admission free Menu

マザラン・チェストの歴史

Steel key from the Mazarin Chest, France, 18th century. Museum no. 412:2-1882

Steel key from the Mazarin Chest, France, 18th century. Museum no. 412:2-1882

マザラン・チェストの鉄製の鍵、フランス、18世紀、館蔵番号412:2-1882(画像をクリックすると拡大します)

The Mazarin Chest was manufactured in Kyoto in about 1640. It is assumed that, like other examples of export lacquer, it was shipped directly to Europe or to an official of the Dutch East India Company serving in the Dutch East Indies. The earliest information concerning its provenance derives from the coat of arms of the Mazarin-La Meilleraye family on its French steel key, suggesting that it was once in their possession.

マザラン・チェストは1640年頃京都で制作されました。他の輸出漆器と同様、ヨーロッパに直接出荷されたか、あるいはオランダ領東インド諸島に在住するオランダ東インド会社の職員に送られたと想定されています。その出所に関する最古の情報はフランス製の鉄鍵にあしらわれたマザラン・ラ・メイエレー家の紋章であり、同家が本品を一時所有していたことが示唆されます。

The Mazarin-La Meilleraye family was related to the Mazarin family, descendants of Jules Mazarin (1602-1661), who was born in Rome as Giulio Mazarino. Mazarin became a French statesman and Roman Catholic cardinal, and ruled France as the first minister of the regent Anne of Austria for her five-year-old son, Louis XIV (1638-1715).

マザラン・ラ・メイエレー家は、ローマでジュリオ・マザリーノとして生まれたジュール・マザラン(1602-1661)の血筋を引くマザラン家と縁戚関係にありました。マザランはフランスの政治家、そしてローマカトリックの枢機卿となり、五歳のルイ14世(1638-1715)の母后として摂政を務めたオーストリアのアンヌ王妃の宰相としてフランスを統治しました。

Hortense Mancini, portrait miniature by Jean Petitot (Senior). Museum no. 671-1882

Hortense Mancini, portrait miniature by Jean Petitot (Senior). Museum no. 671-1882

オルタンス・マンチーニ、ジャン・プティト(父)作の細密画。館蔵番号671-1882(画像をクリックすると拡大します)

The first duke of the Mazarin-La Meilleraye family, Armand de la Porte (1631-1713), received the title when he married Cardinal Mazarin's eldest niece, Hortense Mancini (1649-1699) in 1661. When Cardinal Mazarin died shortly afterwards, Hortense inherited an enormous fortune including the many works of art her uncle had collected and housed in the Palais Mazarin in Paris. There is, therefore, a strong possibility that Cardinal Mazarin’s collection was the source of the chest.

マザラン・ラ・メイエレー家の初代公爵はアルマン・ド・ラ・ポルト(1631-1713)であり、1661年にマザラン枢機卿の最年長の姪オルタンス・マンチーニ(1649-1699)と結婚したとき爵位を授かりました。その後まもなくマザラン枢機卿が亡くなり、オルタンスは、パリのマザラン宮に収容されていた多くの美術蒐集品を含む、叔父の巨財を相続しました。従って、マザラン・チェストがマザラン枢機卿のコレクションに由来する可能性が高いと思われます。

The Mazarin Chest subsequently entered into the possession of Jacques Leopold, Duc de Bouillon (1746-1802), who was famous for his large collection of art.

マザラン・チェストはその後、美術の大蒐集家として知られるブイヨン公爵ジャック・レオポルド(1746-1802)の所有となりました。

In 1800, the chest passed into the ownership of William Beckford (1760-1844), Gothic novelist and eclectic collector. He had a particularly fine collection of Japanese lacquer, much of which came from the Duc de Bouillon. Beckford kept the Mazarin Chest at his home at Fonthill Abbey, Wiltshire.

William Beckford at the age of 21, engraved after a painting by Sir Joshua Reynolds, 1835. Museum no. E.2046-1919

William Beckford at the age of 21, engraved after a painting by Sir Joshua Reynolds, 1835. Museum no. E.2046-1919

21才のウィリアム・ベックフォード、サー・ジョシュア・レイノルズの絵画から起こした銅版画、1835年。館蔵番号E.2046-1919(画像をクリックすると拡大します)

1800年、マザラン・チェストはゴシック小説家であり、異色な蒐集家であるウィリアム・ベックフォード(1760-1844)の手に渡りました。ベックフォードは特に優れた日本漆器のコレクションを有し、その多くはブイヨン候の所有していたものです。彼はマザラン・チェストをウィルトシャー・フォントヒル・アビーの自邸に置きました。

The chest subsequently appears in the catalogue of the 1823 Fonthill Abbey sale, after which it moved to Hamilton Palace in Scotland, seat of the Dukes of Hamilton. It next appears in the catalogue of the 1882 Hamilton Palace sale, from which it was purchased by the V&A for 682 guineas.

その後チェストは1823年フォントヒル・アビーの競売カタログに登場し、続いて、ハミルトン公爵家の邸宅であるスコットランドのハミルトン・パレスに移りました。次に登場するのは1882年のハミルトン・パレスの競売カタログであり、そこでV&Aは本品を682ギニーで購入しました。


V&A Innovative Leadership Programme

The V&A Innovative Leadership Programme is aimed at managers working in the arts & creative industries looking to develop new skills, insight and opportunity. Applications are now open for the next course.

Apply now