Trialling of consolidants on the Mazarin Chest - マザラン・チェストへの修理材料の試験

Trialling of consolidants on the Mazarin Chest - マザラン・チェストへの修理材料の試験

Two adhesives (Paraloid B48N and fish glue) were identified as potentially suitable consolidants for re-attaching the lifting metal foil on the Mazarin Chest. Trials on the chest using both adhesives resulted in the decision to employ Paraloid B48N. This image shows the introduction of adhesive under a lifting section of the gold kanagai chequered border.

マザラン・チェストの金銀の薄板を用いた加飾部の剥離止めにふさわしい修理材として、パラロイドB48Nとフィッシュグルーが候補にあがりました。この二種類をチェストに試験した結果、パラロイドB48Nを採用することが決定されました。この写真はボーダーの石畳文の金貝の剥離止めに修理材を施しているところです。