Miniature Casket, Japan - 小箱、日本製

Miniature Casket, Japan - 小箱、日本製

Miniature Casket
Japan
1630-1640
Museum no. FE.63-1997

小箱
日本製
1630-1640年
館蔵番号FE.63-1997

In both shape and size, this casket is very similar to wedding caskets popular in the Netherlands during the seventeenth century. Usually made of expensive materials such as silver, and often filled with coins, they would be offered by a young man to his prospective bride. The high quality, not to mention rarity, of this lacquer version of such a casket suggests that it was commissioned from Holland or by a Dutch official working in the Dutch East Indies. While no evidence to support this has come to light, it is not unreasonable to speculate that it was made for the wedding of Maria and Antonio van Diemen in 1630, or that of Pieternella Buijs and Philips Lucasz in 1634.

この小箱は、形とサイズの点から、17世紀オランダで流行した婚礼用の小箱に類似しています。通常は銀などの高価な素材で作られた小箱には、金貨が詰められ、新郎から新婦へと贈られました。漆製はまれで、その質の高さを考えると、オランダからの注文品、あるいはオランダ東インド会社の職員の注文品であることが示唆されます。確証はあがっていないものの、この小箱が、1630年のマリアとアントニオ・ファン・ディーメンの結婚、または1634年のピエターネラ・ボイスとフィリップス・ルカスの結婚の記念品であったことを推測することはまったく的外れとはいえないでしょう。