The Vitel Cabinet, Paris - ヴィテル・キャビネット、パリ

The Vitel Cabinet, Paris - ヴィテル・キャビネット、パリ

Vitel Cabinet
Vitel (stamped maker's mark)
Paris
Boulle-work cabinet assembled about 1830-1840; Japanese lacquer panels about 1640
Museum no. 1084-1882

ヴィテル・キャビネット
ヴィテル(ヴィテルの刻印入り)
パリ
1830-1840年頃、1640年頃の日本製の漆パネルをブール式のキャビネットに組み込んで使用
館蔵番号1084-1882

It was common practice, especially in France, to cut up Japanese lacquer objects into panels and incorporate them into pieces of European furniture. The Vitel Cabinet is a good example of this. Its front panel appears to correspond to the left-hand half of the front of a chest resembling the Mazarin Chest, while its two side panels, if joined together, can be seen to constitute one of the side panels of the original chest.

日本漆器をパネルに切断し、それをヨーロッパ式の家具に取り込むことは、特にフランスでさかんに行われました。その好例としてヴィテル・キャビネットがあげられます。ヴィテル・キャビネットの正面パネルはマザラン・チェストの類似品の正面の左半分に相当し、その二つの側面パネルをつなぎ合わせると、元のチェストの側面の一つとなります。