The Vitel Cabinet (detail), Paris - ヴィテル・キャビネット(部分)、パリ

The Vitel Cabinet (detail), Paris - ヴィテル・キャビネット(部分)、パリ

Vitel Cabinet (two side panels shown side by side)
Japanese lacquer panels about 1640
Museum no. 1084-1882

ヴィテル・キャビネット(二つの側面パネルを並べたところ)
1640年頃の日本製の漆パネル
館蔵番号1084-1882

When placed side by side, the two side panels of the Vitel Cabinet can be seen to have constituted one of the side panels of a chest resembling the Mazarin Chest. The holes that would have been fitted with handle-plates on the original chest have been filled with small sections of Japanese lacquer taken from another object. Japanning has been used to hide the joins and extend parts of the decoration of the chest onto the inserts.

ヴィテル・キャビネットの二つの側面パネルを並べると、マザラン・チェストに類似したチェストの側面パネルの一つとなることが見られます。元のチェストの把手跡の穴は他の日本漆器から取られた小片で埋められています。継ぎ目を隠し、元の装飾を追加部に延長させるためにジャパニング技法が用いられています。