Charlottenburg Cabinet, Stiftung+Preussische Schlosser and Garten Berlin-Brandenburg - シャルロッテンブルグ・キャビネット、ベルリン・ブランデンブルグ・プロイセン宮殿および庭園財団所蔵

Charlottenburg Cabinet, Stiftung+Preussische Schlosser and Garten Berlin-Brandenburg - シャルロッテンブルグ・キャビネット、ベルリン・ブランデンブルグ・プロイセン宮殿および庭園財団所蔵

Charlottenburg Cabinet
Japan
About 1640
Stiftung+Preussische Schlosser and Garten Berlin-Brandenburg
Photograph: Roland Handrick
シャルロッテンブルグ・キャビネット
日本製
1640年頃
ベルリン・ブランデンブルグ・プロイセン宮殿および庭園財団所蔵

This cabinet on a European stand is in the collection of the Charlottenburg Palace, Berlin, which houses a number of Chinese and Japanese lacquer objects along with European japanned items imitating East Asian lacquer. The cartouches on the top and front of the cabinet are similar to those found on the lid exteriors of the Mazarin and Lawrence Chests. The quality of workmanship is, however, significantly inferior.

ヨーロッパ製の台に載ったこのキャビネットは、ベルリン・シャルロッテンブルグ宮殿のコレクションにあります。このコレクションは多くの中国ならびに日本漆器だけでなく、東洋漆器を模したジャパニング技法を使ったヨーロッパ製品も収蔵しています。キャビネット上面および正面のカートーシェはマザラン、ローレンスの両チェストの蓋表のカートーシェに類似します。しかし、作行きははるかに劣っています。