Cabinet, France. Sotheby's, Paris - キャビネット、フランス、パリ・サザビーズ

Cabinet, France. Sotheby's, Paris - キャビネット、フランス、パリ・サザビーズ

Cabinet
France
Boulle-work cabinet assembled about 1840; Japanese lacquer panels about 1640
Sotheby's, Paris
キャビネット
フランス
1840年頃、1640年頃の日本製の漆パネルをブール式のキャビネットに組み込んで使用
パリ・サザビーズ

The main point of interest of this cabinet is its incorporation of three Japanese export lacquer panels into its front and sides. As with the V&A’s Vitel Cabinet, these were removed in France from a piece of Japanese lacquer and remounted in the early nineteenth century to form a fashionable piece of boulle-work furniture. The three panels appear to have formed half of the front and one of the sides of a chest similar to the Mazarin Chest.

このキャビネットの興味深い点はその正面と側面に三枚の日本輸出漆器パネルが取り込まれていることです。V&A所蔵のヴィテル・キャビネットと同様、これらのパネルは、フランスで日本漆器から取り外され、19世紀初期に流行のブール式の家具に採用されたものです。三枚のパネルは、マザラン・チェストに類似したチェストの正面半分と側面の一つを形成していたと思われます。